すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  ヨシュア記(完)  >  2006年3月29日祈祷会(ヨシュア記13章、土地の配分)
1.占領から土地の配分へ

・ヨシュア記1‐12章は土地の占領を記述し、13章以下はその土地の配分を記述する。13章は、「まだ占領すべき地は多く残されている」との言葉では始まる。
−ヨシュア記13:2-6「占領すべき土地はまだたくさん残っている。残っている土地は次のとおりである。ペリシテ人の全地域とゲシュル人の全域、エジプトの東境のシホルから、北はカナン人のものと見なされているエクロンの境まで。ここには五人のペリシテ人の領主の治めるガザ、アシュドド、アシュケロン、ガト、エクロンの人々がおり、アビム人の領土がその南にある。またカナン人の土地全域、シドン人のメアラ、アモリ人の国境アフェカ、更にゲバル人の土地、ヘルモン山のふもとバアル・ガドからレボ・ハマトに至るレバノン山東部全域、およびレバノン山からミスレフォト・マイムに至る山地の全住民、すべてのシドン人』。
・この記事は、「ヨシュアはこの地域全域を獲得した」という11:23の記事と矛盾する。イスラエルは遊牧民としてカナンの地に侵攻・定着し、全体の占領は、イスラエルが力をつけた段階で為されたと理解すべきであろう。
−士師記1:19「主がユダと共におられたので、ユダは山地を獲得した。だが、平野の住民は鉄の戦車を持っていたので、これを追い出すことはできなかった」。
・聖書は「現実の中で、かつ信仰を持って読む」べきであり、一言一句を神の言葉と読むべきではない。イスラエルはヨシュア記13:6-7を建国の基礎とするが、その地には既にカナン人、ペリシテ人が住んでいた。
−ヨシュア記13:6-7「私は、イスラエルの人々のために、彼らすべてを追い払う。あなたはただ、私の命じたとおり、それをイスラエルの嗣業の土地として分けなさい。この土地を九つの部族とマナセの半部族に嗣業の土地として配分しなさい。ヨルダン川から西の海まで、海沿いの地域をこれに与えなさい」。
・現代のユダヤ人は安住の地を求めてカナンへの移住・入植を続け(シオニズム運動)、1948年にイスラエル建国、同時に住む所追われたパレスチナ人が難民となった。1993年オスロ合意により「イスラエルとパレスチナの共存」が決議されたが、その後の和平は停滞している。改めて、ヨシュア記・士師記の読み直しが必要であろう。


2.ヨルダン川東岸の占領地の配分

・東岸地域の土地の配分が先に記述される。ルベン族には東岸南部が配分される。ルベンはヤコブの長子であったが、父の妻を犯す罪をしたため、呪われている。彼らはやがて滅亡し、その領土はガド族に吸収されていく。長子でさえ、罪を犯せば廃嫡され、与えられた土地も取り上げられる。
−創世記49:3-4「ルベンよ、お前は私の長子、私の勢い、命の力の初穂。気位が高く、力も強い。お前は水のように奔放で、長子の誉れを失う。お前は父の寝台に上った。あのとき、私の寝台に上り、それを汚した」。
−申命記33:6「ルベンを生かし、滅ぼさないでください。たとえその数が少なくなるとしても」。
・ガドには東岸中部の地が配分された。ガドはその地を守った。
−申命記33:20-21「たたえよ、ガドの土地を広げられる方を。ガドは雌獅子のように待ち伏せ、獲物の腕や頭を引き裂く。彼は自分のために最上のものを選び出した。指揮者の取り分がそこにあったからだ」。
・マナセ族には東岸北部が与えられた。しかし、レビ人には土地は与えられなかった。
−ヨシュア記13:32-33「以上は、モーセがエリコに近いヨルダン川の東側にあるモアブの平野で分け与えた嗣業の土地であるが、モーセはレビ族に対しては嗣業の土地を与えなかった。主の約束されたとおり、彼らの嗣業はイスラエルの神、主御自身である」。
・このレビ人の生き方が、私たちの行き方である。「土地を持たないでどうして生きていけるのか、蓄えのないまま老後を迎えるのは愚かだ」という指摘に我々は答える。「必要なものは主が与えて下さる」。
−マタイ6:31-32「『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あなたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことをご存じである」。
・出来ることは自分で行う、それ以上のことは養われる父に委ねる。それがキリスト者の行き方である。
−申命記8:3-7「主はあなたを苦しめ、飢えさせ、あなたも先祖も味わったことのないマナを食べさせられた。人はパンだけで生きるのではなく、人は主の口から出るすべての言葉によって生きることをあなたに知らせるためであった。この四十年の間、あなたのまとう着物は古びず、足がはれることもなかった。・・・あなたの神、主はあなたを良い土地に導き入れようとしておられる」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2006年3月22日祈祷会資料(ヨシュア記12章、土地占領の完了)
カテゴリートップ
ヨシュア記(完)
次
2006年4月5日祈祷会(ヨシュア記14章、カレブの信仰)