すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  ヨシュア記(完)  >  2006年1月18日祈祷会(ヨシュア記3章、ヨルダン川の奇跡)
1.ヨルダン川の渡河


・イスラエルはヨルダン川を渡るべく、準備を始めた。民がヨルダン川の岸辺に立ったのは第一の月の10日(太陽暦の4月)、川は雪解けの水と春の雨であふれていた。
‐ヨシュア記3:1「ヨシュアは、朝早く起き、イスラエルの人々すべてと共にシティムを出発し、ヨルダン川の岸に着いたが、川を渡る前に、そこで野営した」。
・4万の兵をどのように渡河させるのか。ヨシュアは民に身を清めて、神のなさる業を待てと命じた。
−ヨシュア記3: 5「ヨシュアは民に言った『自分自身を聖別せよ。主は明日、あなたたちの中に驚くべきことを行われる』」。
・ヨシュアは「神が先立ち、川の水を乾かして下さる。そのしるしをあなたがたは見るであろう」と預言する。
−ヨシュア記3:9-13「ヨシュアはイスラエルの人々に『ここに来て、あなたたちの神、主の言葉を聞け』と命じ、こう言った『生ける神があなたたちの間におられて、カナン人、ヘト人、ヒビ人、ペリジ人、ギルガシ人、アモリ人、エブス人をあなたたちの前から完全に追い払ってくださることは、次のことで分かる。見よ、全地の主の契約の箱があなたたちの先に立ってヨルダン川を渡って行く。今、イスラエルの各部族から一人ずつ、計十二人を選び出せ。全地の主である主の箱を担ぐ祭司たちの足がヨルダン川の水に入ると、川上から流れてくる水がせき止められ、ヨルダン川の水は、壁のように立つであろう』」。
・ヨシュアの命に従い、祭司たちはヨルダン川の中に足を踏み入れた。すると、川は上流のアダムでせき止められ、水が干上がった。民は対岸に渡ることが出来た。
−ヨシュア記3:14-16「ヨルダン川を渡るため、民が天幕を後にしたとき、契約の箱を担いだ祭司たちは、民の先頭に立ち、ヨルダン川に達した。春の刈り入れの時期で、ヨルダン川の水は堤を越えんばかりに満ちていたが、箱を担ぐ祭司たちの足が水際に浸ると、川上から流れてくる水は、はるか遠くのツァレタンの隣町アダムで壁のように立った。アラバの海すなわち塩の海に流れ込む水は全く断たれ、民はエリコに向かって渡ることができた」。
・紅海の奇跡が再現された。おそらくは地震等により上流の断崖が崩れ、水がせき止められる等の不思議が起こった。民はこの奇跡を見て、主と主の僕ヨシュアを信じた。
−ヨシュア記4:13-14「約四万の武装した軍勢が主の前を進み、戦うためエリコの平野に向かって行った。その日、全イスラエルの見ている前で、主がヨシュアを大いなる者とされたので、彼らはモーセを敬ったように、ヨシュアをその生涯を通じて敬った」。


2.しるしと信仰(奇跡をどのように理解するか)

・神が天地を支配しておられるゆえ、必要な時に必要な業がなされる。私たちはそれをそのまま信じていく。
−マタイ21:21-22「イエスはお答えになった。『はっきり言っておく。あなたがたも信仰を持ち、疑わないならば、いちじくの木に起こったようなことができるばかりでなく、この山に向かい、立ち上がって、海に飛び込めと言っても、そのとおりになる。信じて祈るならば、求めるものは何でも得られる』」。
・しかし、私たちの方から奇跡を求めれば、それは呪術だ。神の力を自分の為に使おうとするのは、偶像崇拝だ。
−マタイ12:38-39「何人かの律法学者とファリサイ派の人々がイエスに『先生、しるしを見せてください』と言った。イエスはお答えになった。『よこしまで神に背いた時代の者たちはしるしを欲しがるが、預言者ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない』」。
・私たちが求めるべきは御心だ。その御心が私たちの願いと異なってもそれを受け入れていく。
−マタイ26:39「少し進んで行って、うつ伏せになり、祈って言われた。『父よ、できることなら、この杯を私から過ぎ去らせてください。しかし、私の願いどおりではなく、御心のままに』」。
・私たちは全てはわからない。しかし、これまで神は共にいてくださったから、今度も共にいて下さると信じていくことが出来る。
−競灰1:10「神は、これほど大きな死の危険から私たちを救ってくださったし、また救ってくださることでしょう。これからも救ってくださるにちがいないと、私たちは神に希望をかけています」。
・川の水があふれている時に渡らせる力は信仰だ。それを信じるか。
−マルコ9:22-24「『霊は息子を殺そうとして、もう何度も火の中や水の中に投げ込みました。おできになるなら、私どもを憐れんでお助けください』。イエスは言われた『できればと言うか。信じる者には何でもできる』。その子の父親はすぐに叫んだ『信じます。信仰のない私をお助けください』」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2006年1月11日祈祷会(ヨシュア記2章、神の業に参加する)
カテゴリートップ
ヨシュア記(完)
次
2006年1月25日祈祷会(ヨシュア記4章、ヨルダン川のしるしを覚える)