すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  申命記(完)  >  2005年10月12日祈祷会(申命記24章、人と人との法)

1.結婚・離婚・再婚について


・申命記は妻に落ち度があれば、彼女を離婚することが出来ると規定する。
-申命記24:1「人が妻をめとり、その夫となってから、妻に何か恥ずべきことを見いだし、気に入らなくなったときは、離縁状を書いて彼女の手に渡し、家を去らせる」。
・規定は男の側からの一方的な離婚のみを規定し、女の立場を考慮しない。旧約の限界がここにある。イエスは「不法な結婚でもないのに勝手に離縁することは女性を貪る行為だ」と、これを否定された。
-マタイ19:3-9「『創造主は初めから人を男と女とにお造りになった。人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体となる。・・・神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない』。すると、彼らはイエスに言った『では、なぜモーセは、離縁状を渡して離縁するように命じたのですか』。イエスは言われた『あなたたちの心が頑固なので、モーセは妻を離縁することを許したのであって、初めからそうだったわけではない。言っておくが、不法な結婚でもないのに妻を離縁して、他の女を妻にする者は、姦通の罪を犯すことになる』」。
・一旦離婚して他の男と結婚した女とは再婚するなと命じられている。他の男により汚されているからだ(24:4)。求められているのは性に対する清さだ。性は命を生み、継承するために人に与えられた。それを快楽や貪りのため汚すな。その汚れを越える者は愛だけだ。ホセアは姦淫の妻をあえて迎え入れた。愛を持ってこの掟を超えた。
-ホセア3:2-3「私は銀十五シェケルと、大麦一ホメルと一レテクを払って、その女を買い取った。私は彼女に言った『お前は淫行をせず、他の男のものとならず、長い間私のもとで過ごせ。私もまた、お前のもとにとどまる』」。


2.様々な人道的規定


・新婚の男子は1年間の兵役猶予が認められた。戦争で死ねば子が産まれず、共同体が衰退するからである。
-申命記24:5「人が新妻をめとったならば、兵役に服さず、いかなる公務も課せられず、一年間は自分の家のためにすべてを免除される。彼は、めとった妻を喜ばせねばならない」。
・金を貸す時に、粉をひくための碾き臼を質に取るな。隣人がパンを食べることが出来なくなる。
-申命記24:6「挽き臼あるいはその上石を質に取ってはならない。命そのものを質に取ることになるからである」。
・貸付の担保として上着を取るな。上着なしでは隣人は凍えて眠れない。
-申命記24:12-13「その人が貧しい場合には、その担保を取ったまま床に就いてはならない。日没には必ず担保を返しなさい。そうすれば、その人は自分の上着を掛けて寝ることができ、あなたを祝福するであろう」。
・賃金はその日の内に支払え、そうしなければ隣人と家族はその日の暮らしが立たなくなる。
-申命記24:15「賃金はその日のうちに、日没前に支払わねばならない。彼は貧しく、その賃金を当てにしているからである。彼があなたを主に訴えて、罪を負うことがないようにしなさい」。
・寄留者や孤児を貪るな。エジプトで寄留者であったあなたを神が救われた。今度はあなたが救う番だ。
-申命記24:17-18「寄留者や孤児の権利をゆがめてはならない。寡婦の着物を質に取ってはならない。あなたはエジプトで奴隷であったが、あなたの神、主が救い出してくださったことを思い起こしなさい」。
・畑の穀物を全て刈り取らず、一部は寄留者や寡婦のために残しておけ。オリーブやぶどうの実も取り尽してはならない。彼らのために一部を残せと命じられる。
-申命記24:19-22「畑で穀物を刈り入れるとき、一束畑に忘れても、取りに戻ってはならない。それは寄留者、孤児、寡婦のものとしなさい。・・・オリーブの実を打ち落とすときは、後で枝をくまなく捜してはならない。それは寄留者、孤児、寡婦のものとしなさい。ぶどうの取り入れをするときは、後で摘み尽くしてはならない。それは寄留者、孤児、寡婦のものとしなさい」。
・孤児や寡婦に惜しみなく施せ。あなたが死ねばあなたの妻は寡婦になり、あなたの子は孤児になる。
-出エジプト記22:21-23「寡婦や孤児はすべて苦しめてはならない。もし、あなたが彼を苦しめ、彼が私に向かって叫ぶ場合は、私は必ずその叫びを聞く。そして、私の怒りは燃え上がり、あなたたちを剣で殺す。あなたたちの妻は寡婦となり、子供らは、孤児となる」。
・主がエジプトで奴隷であったあなたがたを救い、豊かな地に導いてくださった。だからあなたがたは、寡婦や孤児を慈しめと命じられているのだ。あなたの助けを求めている者、彼が隣人だ。その隣人を私のために愛せ。
-申命記24:22「あなたは、エジプトの国で奴隷であったことを思い起こしなさい。私はそれゆえ、あなたにこのことを行うように命じるのである」
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2005年10月5日祈祷会(申命記23章、隣人との諸規定)
カテゴリートップ
申命記(完)
次
2005年10月19日祈祷会(申命記25章、申命記法典のまとめ)