すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  申命記(完)  >  2005年9月28日祈祷会(申命記22章、日常生活における倫理規定)

1.諸規定


・同胞の家畜が迷っていたらそれを保護せよ。誰のものか不明の時は、わかるまで預かりなさいと命じられる。
-申命記22:1-2「同胞の牛または羊が迷っているのを見て、見ない振りをしてはならない。必ず同胞のもとに連れ返さねばならない。もしも同胞が近くの人でなく、だれであるかも分からない場合は、それを家に連れ帰り、同胞が捜しに来るまで手もとに置き、捜しに来たとき、その人に返しなさい」。
・同胞を愛する。これは神の民には当然なことだ。戒めは信仰による応答であり、信仰は行為を伴う。
-ヤコブ2:14「私の兄弟たち、自分は信仰を持っていると言う者がいても、行いが伴わなければ、何の役に立つでしょうか。そのような信仰が、彼を救うことができるでしょうか」。
・女は男の着物を着てはいけないし、男は女の着物を着てはいけない。それは神が人を男女に造られた創造の秩序を犯すものだ。男には男の、女には女の役割がある。
申命記22:5「女は男の着物を身に着けてはならない。男は女の着物を着てはならない。このようなことをする者をすべて、あなたの神、主はいとわれる」。
・母鳥と雛鳥を共に取るな。母鳥を離せ、そうすれば母鳥はまた命を生むことが出来る。屋根には欄干をつけよ、そうすれば隣人が落ちて死ぬことを防止できる。細かい規定が続く。何故規定があるのか。主を愛するとは隣人を愛することであり、隣人を愛するとは隣人を気にかけることだ。
‐レビ19:18「自分自身を愛するように隣人を愛しなさい。私は主である」。


2.姦淫をすることは隣人を貪ることだ。

・22章後半は姦淫について述べられる。妻が結婚前に不品行を犯した場合はその妻を殺せと命じられる。
-申命記22:20-21「その娘に処女の証拠がなかったという非難が確かであるならば、娘を父親の家の戸口に引き出し、町の人たちは彼女を石で打ち殺さねばならない。彼女は父の家で姦淫を行って、イスラエルの中で愚かなことをしたからである。あなたはあなたの中から悪を取り除かねばならない」。
・しかし、根拠なき疑いで妻を離縁しようとする者は懲らしめを受け、妻を離婚することは出来ない。
-申命記22:18-19「町の長老たちは男を捕まえて鞭で打ち・・・彼に銀百シェケルの罰金を科し、それを娘の父親に渡さねばならない。彼女は彼の妻としてとどまり、彼は生涯、彼女を離縁することはできない」。
・人妻と寝た男は人妻もろとも殺せと命じられる。
-申命記22:22「男が人妻と寝ているところを見つけられたならば、女と寝た男もその女も共に殺して、イスラエルの中から悪を取り除かねばならない」。
・婚約者のある娘が助けを呼ぶことの出来る状況下で他の男に犯されたなら、二人とも殺せ。
-申命記22:23-24「ある男と婚約している処女の娘がいて、別の男が町で彼女と出会い、床を共にしたならば、その二人を町の門に引き出し、石で打ち殺さねばならない。その娘は町の中で助けを求めず、男は隣人の妻を辱めたからである。あなたはこうして、あなたの中から悪を取り除かねばならない」。
・しかし、助けを呼べない状況下であれば、娘の命は助けられる。
-申命記22:25-27「ある男が別の男と婚約している娘と野で出会い、これを力ずくで犯し共に寝た場合は、共に寝た男だけを殺さねばならない。その娘には何もしてはならない。娘には死刑に当たる罪はない。・・・男が野で彼女に出会い、婚約している娘は助けを求めたが、助ける者がいなかったからである」。
・聖書は何故このようなことを事細かに書くのだろうか。それは姦淫こそ隣人を貪る行為であり、隣人の家庭を滅ぼす行為だからだ。隣人を貪るなと戒めは「隣人の妻を欲するな」と書かれている。
-申命記5:21「あなたの隣人の妻を欲してはならない。隣人の家、畑、男女の奴隷、牛、ろばなど、隣人のものを一切欲しがってはならない。」
・人間の命は性の営みにより継続される。性を通して、命を子に伝え、人は永遠の命を得る。だから性を快楽のための道具にしてはいけない。
-創世記1:27「神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。神は彼らを祝福して言われた『産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ』」。
・このような旧約の伝統の中で、イエスが姦淫の女を赦されたことは、自分の命と引き換えの行為、贖罪の業だ。
-ヨハネ8:11 「私もあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2005年9月21日祈祷会(申命記21章、共同体から悪を取り除け)
カテゴリートップ
申命記(完)
次
2005年10月5日祈祷会(申命記23章、隣人との諸規定)