すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  申命記(完)  >  2005年8月17日祈祷会(申命記17章、神の命の中にある社会構造)

1.義を、義をのみ求めよ。

・16:18以降において、新しい地では、裁判人と役人を置き、裁きを曲げるなと命じられる。
-申命記16:18-19「あなたの神、主が部族ごとに与えられるすべての町に、裁判人と役人を置き、正しい裁きをもって民を裁かせなさい。裁きを曲げず、偏り見ず、賄賂を受け取ってはならない。賄賂は賢い者の目をくらませ、正しい者の言い分をゆがめるからである」。
・そこにおいては「義を、義をのみ求めよ」と命じられる(原文に忠実な訳は新改訳である)。
-申命記16:20「正義を、ただ正義を追い求めなければならない。そうすれば、あなたは生き、あなたの神、主が与えようとしておられる地を、自分の所有とすることができる」(新改訳)。
・義を、義をのみ求めよ=ツエデク・ツエデク・テイルドーフ、これこそが旧約の基本命題であり、新約の中心でもある。神を求めてひたすら生きよとの命である。
-マタイ6:33「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる」。
-エペソ5:1「あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい」。
・そこではひたむきに生きない生き方、例えば偶像礼拝は死を持って贖うことが求められる。
-申命記17:2-5「あなたの中に、男にせよ女にせよ、あなたの神、主が悪と見なされることを行って、契約を破り、他の神々に仕え、その神々や太陽、月、天の万象など私が命じたことのないものにひれ伏す者がいるならば、・・・悪事を行った当の男ないし女を町の門に引き出し、その男ないし女を石で打ちなさい。彼らは死なねばならない」。
・アシェラ像を、石柱を取り除けと言われる。アシェラ像は女神の、石柱は男根の象徴だ。偶像礼拝の罪は性的放縦として現れる。十戒の第十の戒めは「あなたの隣人の妻を貪るな」である。
-申命記16:21-22「あなたは、あなたの神、主の祭壇を築いて、そのそばに、アシェラ像をはじめいかなる木の柱も据えてはならない。また、あなたの神、主が憎まれる石柱を立ててはならない」。


2.王は仕えよ


・イスラエルはカナンの地に侵入後、200年間王制を採らなかった。イスラエルの王は必要悪として立てられる。
-申命記17:14-15「あなたが、あなたの神、主の与えられる土地に入って、それを得て、そこに住むようになり、周囲のすべての国々と同様、私を治める王を立てようと言うならば、必ず、あなたの神、主が選ばれる者を王としなさい。同胞の中からあなたを治める王を立て、同胞でない外国人をあなたの上に立てることはできない」。
・王制は根本が悪であるから、制限が設けられる。
-申命記17:16-17「王は馬を増やしてはならない。馬を増やすために、民をエジプトへ送り返すことがあってはならない。『あなたたちは二度とこの道を戻ってはならない』と主は言われた。王は大勢の妻をめとって、心を迷わしてはならない。銀や金を大量に蓄えてはならない」。
・それはソロモン時代の苦い経験から来る。当初は善王であったソロモンはやがて多くの軍馬を養い、多くの妻を持ち、自分のために金銀を蓄えるようになった。そのため、王国は分裂した。
-砧鷁Φ10:26「ソロモンは戦車と騎兵を集め、戦車千四百、騎兵一万二千を保有した。彼はそれを戦車隊の町々およびエルサレムの王のもとに配置した」。
-砧鷁Φ11:3-12「彼には妻たち、すなわち七百人の王妃と三百人の側室がいた。この妻たちが彼の心を迷わせた。・・・ソロモンの心は迷い、イスラエルの神、主から離れたので、主は彼に対してお怒りになった・・・、主は仰せになった。『あなたがこのようにふるまい、わたしがあなたに授けた契約と掟を守らなかったゆえに、私はあなたから王国を裂いて取り上げ、あなたの家臣に渡す。 あなたが生きている間は父ダビデのゆえにそうしないでおくが、あなたの息子の時代にはその手から王国を裂いて取り上げる』」。
・王とは仕える者として立てられるが、必ず支配する者になる。あなた方はそのような生き方をするなと主は言われた。牧師や執事も同じだ、彼らが仕える事を忘れたら、神はその者を役割からはずされる。
-マタイ20:25-28「あなたがたも知っているように、異邦人の間では支配者たちが民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい。人の子が、仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのと同じように。」
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2005年8月10日祈祷会(申命記16章、祭りを覚える)
カテゴリートップ
申命記(完)
次
2005年8月24日祈祷会(申命記18章、神の御心をどのようにして知るのか)