すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  申命記(完)  >  2005年6月29日祈祷会(申命記10章、主があなたに求められること)

1.契約の再締結


・民は契約が与えられた正にその時に、金の子牛を造って拝んだ。主はこのかたくなな民を滅ぼすと言われたが、モーセは民の赦しを求めて執り成しの祈りを行う。この民こそ、あなたの嗣業の民ではないかと。
−申命記9:26-29「あなたが大いなる御業をもって救い出し、力強い御手をもってエジプトから導き出された、あなたの嗣業の民を滅ぼさないでください。・・・アブラハム、イサク、ヤコブを思い起こし、この民のかたくなさと逆らいと罪に御顔を向けないで下さい。我々があなたに導かれて出て来た国の人々に『主は約束された土地に彼らを入らせることができなかった。主は彼らを憎んで、荒れ野に導き出して殺してしまった』と言われないようにして下さい。彼らは、あなたが大いなる力と伸ばされた御腕をもって導き出されたあなたの嗣業の民です。」
・民の罪は一過性ではない。彼らは背き続けた。牧会者の役割は背き続ける民のために祈り続けることだ。パウロは背き続けたコリント教会の人々に対して、あなたがたこそ私の推薦状ですと述べる。
−競灰3:2-3「私たちの推薦状は、あなたがた自身です。それは、私たちの心に書かれており、すべての人々から知られ、読まれています。あなたがたは、キリストが私たちを用いてお書きになった手紙として公にされています。墨ではなく生ける神の霊によって、石の板ではなく人の心の板に、書きつけられた手紙です」。
・神はモーセの祈りを受け入れられ、契約の再締結をなされる。執り成しの祈りは神の意思をも動かす。
−申命記10:1-2「主は私に言われた。『あなたは、前と同じように、石を切って板を二枚造り、山に登って私のもとに来なさい。また木の箱を作りなさい。私は、あなたが前に砕いた板に書かれていた言葉をその板に書き記す。あなたはそれを箱に納めるがよい』」。


2.神が今求められること


・これまでのモーセの説教が締めくくられる。最も大切なことを思い起こせと。主はあなたを愛しておられる。
−申命記10:12-13「イスラエルよ。今、あなたの神、主があなたに求めておられることは何か。ただ、あなたの神、主を畏れてそのすべての道に従って歩み、主を愛し、心を尽くし、魂を尽くしてあなたの神、主に仕え、私が今日あなたに命じる主の戒めと掟を守って、あなたが幸いを得ることではないか」。
・主を恐れ、主を愛するとは、神に従い、その言葉に聞き従うことである。そのために心に割礼を受けよ。
−申命記10:14-16「見よ、天とその天の天も、地と地にあるすべてのものも、あなたの神、主のものである。主はあなたの先祖に心引かれて彼らを愛し、子孫であるあなたたちをすべての民の中から選んで、今日のようにして下さった。心の包皮を切り捨てよ。二度とかたくなになってはならない」。
・心の包皮を切り捨てよ、心に割礼を受けよ。世々の預言者が繰り返し訴えてきたことだ。
−エレミヤ4:4「ユダの人、エルサレムに住む人々よ。割礼を受けて主のものとなり、あなたたちの心の包皮を取り去れ。さもなければ、あなたたちの悪行のゆえに、私の怒りは火のように発して燃え広がり、消す者はないであろう。」
・律法に従うならば割礼の意味がある。しかし、律法を破るならば、割礼は無割礼となる。人は律法によっては救われなかった。だからイエスが来られ、罪のために死なれた。その死を通して、私たちは霊の割礼を受ける。
−ローマ2:25-29「あなたが受けた割礼も、律法を守ればこそ意味があり、律法を破れば、それは割礼を受けていないのと同じです。だから、割礼を受けていない者が、律法の要求を実行すれば、割礼を受けていなくても、受けた者と見なされるのではないですか。そして、体に割礼を受けていなくても律法を守る者が、あなたを裁くでしょう。あなたは律法の文字を所有し、割礼を受けていながら、律法を破っているのですから。外見上のユダヤ人がユダヤ人ではなく、また、肉に施された外見上の割礼が割礼ではありません。内面がユダヤ人である者こそユダヤ人であり、文字ではなく“霊”によって心に施された割礼こそ割礼なのです」。
・聖霊のバプテスマを受けた者は主に向かって祈り、その祈りは祈る者を、他者へと開かれた生活へと導く。
−申命記10:17-19「あなたたちの神、主は・・・人を偏り見ず、賄賂を取ることをせず、孤児と寡婦の権利を守り、寄留者を愛して食物と衣服を与えられる。あなたたちは寄留者を愛しなさい。あなたたちもエジプトの国で寄留者であった」。
・その時、70人でエジプトに下った民が星のように数多くされた様に、あなた方は更なる祝福を受けるだろう。
−申命記 10:21-22「この方こそ、あなたの賛美、あなたの神であり、あなたの目撃したこれらの大いなる恐るべきことをあなたのために行われた方である。あなたの先祖は七十人でエジプトに下ったが、今や、あなたの神、主はあなたを天の星のように数多くされた」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2005年6月22日祈祷会(申命記9章、あなたが正しいからでなく)
カテゴリートップ
申命記(完)
次
2005年7月6日祈祷会(申命記11章、祝福と呪い)