すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  申命記(完)  >  2005年5月4日祈祷会(申命記2章、和平と戦闘の40年)

1.試練の中で、主の命に従う


・カデシ・バルネアで約束の地に入ることをためらった民は、不信の報いとして荒野に追い返される。民は38年の間、荒野を放浪する。そして、償いの期間が過ぎて、民は再び、約束の地に向かうことを許される。
―申命記2:1-3「我々は向きを変え、主が私に告げられたように、葦の海の道を通って荒れ野に向かって行き、長い間セイルの山地を巡った。主は私に言われた。『あなたたちは既に久しくこの山地を巡った。北に向かって行きなさい』」。
・主は放浪の間も民を守られた。試練の時も共にいてくださる。
―申命記2:7「あなたの神、主は、あなたの手の業をすべて祝福し、この広大な荒れ野の旅路を守り、この四十年の間、あなたの神、主はあなたと共におられたので、あなたは何一つ不足しなかった」。
・しかし、罪の払うべき代価は払わねばならない。旧世代の者が死に絶え、新世代が育つまで、約束の地に向かうことは出来なかった。
―申命記2:13-15「我々はゼレド川を渡ったが、カデシュ・バルネアを出発してからゼレド川を渡るまで、三十八年かかった。その間に、主が彼らに誓われたとおり、前の世代の戦闘員は陣営に一人もいなくなった。主の御手が彼らに向けられ、陣営に混乱が引き起こされ、彼らは死に絶えたのである」。
・犯した罪は赦されるが、償いは果たさなければならない。これは大事なことであり、を忘れてはいけない。
―競汽12:13-14「ダビデはナタンに言った。『私は主に罪を犯した』。ナタンはダビデに言った。『その主があなたの罪を取り除かれる。あなたは死の罰を免れる。しかし、このようなことをして主を甚だしく軽んじたのだから、生まれてくるあなたの子は必ず死ぬ』。


2.滅ぼし尽くせという主の命令をどう聞くか


・ヘシュボンとバシャンの民は滅ぼし尽くせと命じられ、民はそれに従う。いわゆる聖絶である。
―申命記2:33-35「我々の神、主が彼を我々に渡されたので、我々はシホンとその子らを含む全軍を撃ち破った。我々は町を一つ残らず占領し、町全体、男も女も子供も滅ぼし尽くして一人も残さず、家畜だけを略奪した」。
・軍事的に見れば、それは当然の行為であり、古代においては、それが常識であった。
―民数記33:51-55「ヨルダン川を渡って、カナンの土地に入るときは、あなたたちの前から、その土地の住民をすべて追い払い、すべての石像と鋳像を粉砕し、異教の祭壇をことごとく破壊しなさい。・・・もし、その土地の住民をあなたたちの前から追い払わないならば、残しておいた者たちは、あなたたちの目に突き刺さるとげ、脇腹に刺さる茨となって、あなたたちが住む土地であなたたちを悩ますであろう」。
・神は憐れみの神であり、全人類の神であるのに、その神が何故、異民族を滅ぼし尽くせと言われるのか。それは宗教的純化、異教礼拝根絶のための必要悪としてある。聖絶が命じられたのはカナン入植のこの時のみだ。
―申命記7:2-5「あなたが彼らを撃つときは、彼らを必ず滅ぼし尽くさねばならない。彼らと協定を結んではならず、彼らを憐れんではならない。彼らと縁組みをし、あなたの娘をその息子に嫁がせたり、娘をあなたの息子の嫁に迎えたりしてはならない。あなたの息子を引き離して私に背かせ、彼らはついに他の神々に仕えるようになり、主の怒りがあなたたちに対して燃え、主はあなたを速やかに滅ぼされるからである。あなたのなすべきことは、彼らの祭壇を倒し、石柱を砕き、アシェラの像を粉々にし、偶像を火で焼き払うことである」。
・従ってその対象は異民族のみでなく、自国民にも向けられた。
―申命記13:14-16「あなたの中からならず者が現れて、お前たちの知らなかった他の神々に従い、これに仕えようではないかと言って、その町の住民を迷わせているということを聞いたならば・・・それが確かな事実であり、そのようないとうべきことがあなたたちの中で行われたのであれば、その町の住民を剣にかけて殺し、町もそこにあるすべてのものも滅ぼし尽くし、家畜も剣にかけねばならない」。
・悪人を滅ぼすのが神の御心ではない。聖戦とは特殊な歴史状況の中で行われた特殊のものであり、一般化してはいけないことを銘記すべきである。
―イザヤ2:4-5「主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない。ヤコブの家よ、主の光の中を歩もう」。
―エゼキエル33:11「わたしは悪人が死ぬのを喜ばない。むしろ、悪人がその道から立ち帰って生きることを喜ぶ。立ち帰れ、立ち帰れ、お前たちの悪しき道から。イスラエルの家よ、どうしてお前たちは死んでよいだろうか」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2005年4月27日祈祷会(申命記1章、過去の振り返りと将来への展望)
カテゴリートップ
申命記(完)
次
2005年5月11日祈祷会(申命記3章、約束の地を前に語るモーセ)