すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  申命記(完)  >  2005年4月27日祈祷会(申命記1章、過去の振り返りと将来への展望)
1.モーセの訣別説教


・申命記は約束の地を前に、モーセによって語られた訣別説教である。
−申命記1:1-3「モーセはイスラエルのすべての人にこれらの言葉を告げた。それは、ヨルダン川の東側にある荒れ野・・・においてであった。・・・第四十年の第十一の月の一日に、モーセは主が命じられたとおり、すべてのことをイスラエルの人々に告げた」。
・ヨルダン川東岸まで民は来た。川を渉れば約束の地だ。「地を与える」という約束の成就は、今モーセを通じて与えられる神の言葉に従うかどうかにかかっている。将来の展望は過去への回顧から始まる。
−申命記1:6-8「我々の神、主はホレブで仰せになった。『あなたたちは既に久しくこの山にとどまっている。向きを変えて出発し、アモリ人の山地に行き、更にその近隣地方・・・に行きなさい。更にカナン人の土地、レバノン山、大河ユーフラテスにまで行きなさい』」。
・民はシナイを離れ、約束の地に向かって旅をした。モーセは恐れず行こうと民を励ました。
−申命記1:19-21「我々は神、主が命じられたとおり、ホレブをたち、あなたたちが見たあの広くて恐ろしい荒れ野を通り、アモリ人の山地に至る道を、カデシュ・バルネアまで来た。私(は)「あなたたちは、我々の神、主が与えられたアモリ人の山地まで来た。見よ、あなたの神、主はこの土地をあなたに与えられた。あなたの先祖の神、主が仰せになった透り、上って行って取りなさい。恐れてはならない。おののいてはならない」と言った。
・しかし、民は約束の地に入ることを恐れ、拒んだ。強い先住民がいることを知ったからだ。
−申命記1:26-28「しかし、あなたたちは上って行こうとはせず、あなたたちの神、主の命令に逆らって、天幕にとどまって不平を言い合った。『主は我々を憎んで、エジプトの国から導き出し、アモリ人の手に渡し、我々を滅ぼそうとしておられるのだ。どうして、そんな所に行かねばならないのだ。我々の仲間も、そこの住民は我々よりも強くて背が高く、町々は大きく、城壁は天に届くほどで、しかもアナク人の子孫さえも見たと言って、我々の心を挫いたではないか』」。
・モーセは民を励ました「神は、あなた方のために、戦ってこられたではないか。神を信じよ」と。
−申命記1:29-31「うろたえてはならない。彼らを恐れてはならない。あなたたちに先立って進まれる神、主御自身が、エジプトで、あなたたちの目の前でなさったと同じように、あなたたちのために戦われる。また荒れ野でも、あなたたちがこの所に来るまでたどった旅の間中も、あなたの神、主は父が子を背負うように、あなたを背負ってくださったのを見た。」
・かたくなな民に主の怒りが下る。あなた方は約束の地に入ることは出来ないと主は宣言された。そして民は荒れ野に追い戻され、40年間の荒野の旅が始まる。


2.約束の成就と信仰


・約束は成就する。しかし、その時間は私たちの人生の時間を越える。アブラハムになされた約束が成就したのは、500年の時を経てからであった。そのような約束をどのように信じていくのか。
−ヘブル11:13-14「この人たちは皆、信仰を抱いて死にました。約束されたものを手に入れませんでしたが、はるかにそれを見て喜びの声をあげ、自分たちが地上ではよそ者であり、仮住まいの者であることを公に言い表したのです。このように言う人たちは、自分が故郷を探し求めていることを明らかに表しているのです」。
・約束は、信頼しない者には実現しない。第一世代は死に絶え、成就を見たのは子どもたちであった。
−申命記1:34-40「この悪い世代の人々のうちで、私が与えると先祖に誓った良い土地を見る者はない。・・・あなたたちが略奪されてしまうと言っている乳飲み子や、まだ善悪をわきまえていない子供たちは、そこに入ることができる。彼らに私はその土地を与える。彼らがそれを取るであろう。あなたたちは向きを変え、葦の海の道を通って荒れ野に向けて出発しなさい。」
・私たちもバプテスマを受け、主の晩餐に養われても、信仰から離れる時、約束は果たされない。
−汽灰10:1-6「私たちの先祖は皆、雲の下におり、皆、海を通り抜け、皆、雲の中、海の中で、モーセに属するものとなる洗礼を授けられ、皆、同じ霊的な食物を食べ、 皆が同じ霊的な飲み物を飲みました。彼らが飲んだのは、自分たちに離れずについて来た霊的な岩からでしたが、この岩こそキリストだったのです。しかし、彼らの大部分は神の御心に適わず、荒れ野で滅ぼされてしまいました。これらの出来事は、私たちを戒める前例として起こったのです。彼らが悪をむさぼったように、私たちが悪をむさぼることのないために」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2005年4月27日祈祷会(申命記の概要)
カテゴリートップ
申命記(完)
次
2005年5月4日祈祷会(申命記2章、和平と戦闘の40年)