すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  民数記(完)  >  2005年2月16日祈祷会(民数記27章、公平な裁決)

1.男子がいない場合の相続の裁定

・カナンに置ける土地分配は、登録された人員に応じて、人口の多い部族は広い土地を、少ない部族は狭い土地の配分を受けた。また、どの地を割り振るかは、公平に分配されるように、くじで決められた。
−民数記26:53-56「これらの人々にその名の数に従って、嗣業の土地を分配しなさい。人数の多い部族には多くの、少ない部族には少しの嗣業の土地を与えなさい。・・・ただし、土地はくじによって分配され、父祖以来の諸部族の名に従って継がれねばならない。 嗣業の土地は、人数の多い部族と少ない部族の間で、くじの定めるところに従って分配されねばならない」。
・力関係で配分の決まる古代においては、これは驚くべき規程だった。それでも、予想外のことが生じる。男子のいない一族の娘達が、自分たちにも土地を配分するように求めた。
−民数記27:1-4「マナセの一族であるヘフェルの子ツェロフハドの娘たちが進み出た。・・・娘たちは、臨在の幕屋の入り口にいるモーセと祭司エルアザル、指導者および共同体全体の前に立って言った。『私たちの父は荒れ野で死にましたが、主に逆らって集まった仲間、あのコラの仲間に加わりませんでした。彼は自分の罪のゆえに死に、男の子はありませんでした。男の子がないからといって、どうして父の名がその氏族の中から削られてよいでしょうか。父の兄弟たちと同じように、私たちにも所有地をください』」。
・人口調査は20歳以上の男子を数えた。男子の相続人がいないことは想定されていなかった。モーセは判断できず、神に裁決を求めた。神は、娘達の言い分を認められた。
−民数記27:5-7「モーセが娘たちの訴えを主の御前に持ち出すと、主はモーセに言われた『ツェロフハドの娘たちの言い分は正しい。あなたは、必ず娘たちに、その父の兄弟たちと同じように、嗣業としての所有地を与えねばならない。娘たちにその父の嗣業の土地を渡しなさい』」。
・20歳以上の男子を数えよとは神の命であった。それにも関らず、女子にも相続が認められる。憐れみと公平の観点から、特例措置が設けられ、それが規程となっていく。律法は死んだものではなく、生きて成長する。
−民数記27:8-11「ある人が死に、男の子がないならば、その嗣業の土地を娘に渡しなさい。もし、娘もいない場合には、嗣業の土地をその人の兄弟に与えなさい。・・・主がモーセに命じられたとおり、イスラエルの人々はこれを法の定めとしなさい。」
・男と女は秩序に従って役割を分担する。しかし、それは役割であり、支配−従属ではない。
−ガラテヤ3:27-28「洗礼を受けてキリストに結ばれたあなたがたは皆、キリストを着ているからです。そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです」。


2.モーセの後継者の裁定

・モーセは自分の死が迫っていることを神から告げ知らされる。彼は約束の地に入ることは出来ない。
−民数記27:12-14「主はまたモーセに言われた『このアバリム山に登り、私がイスラエルの人々に与えた土地を見渡しなさい。それを見た後、あなたもまた兄弟アロンと同じように、先祖の列に加えられるであろう』」。
・モーセは自分の死の延期よりも、ふさわしい後継者を与えてくれるように神に求めた。
−民数記27:15-17「モーセは主に言った『・・この共同体を指揮する人を任命し、彼らを率いて出陣し、彼らを率いて凱旋し、進ませ、また連れ戻す者とし、主の共同体を飼う者のいない羊の群れのようにしないでください』」。
・彼は自分の利害よりも、共同体の祝福を願った。彼は二人の息子がいたが、その息子を後継者に求めなかった。
−民数記27:18-20「主はモーセに言われた『霊に満たされた人、ヌンの子ヨシュアを選んで、手を彼の上に置き、祭司エルアザルと共同体全体の前に立たせて、彼らの見ている前で職に任じなさい。あなたの権威を彼に分け与え、イスラエルの人々の共同体全体を彼に従わせなさい』。
・モーセはヨシュアを選んで彼に手を置いた。今日でも、牧師任職においては、この按手が継承されている。
−使徒行伝6:3-6「兄弟たち、あなたがたの中から、“霊”と知恵に満ちた評判の良い人を七人選びなさい。彼らにその仕事を任せよう。・・・使徒たちは、祈って彼らの上に手を置いた」。
・モーセは共同体の指導者としての責任を自覚していた。彼は自己の死よりも、指導者の欠如を憂えた。自己のために生きる者にとって死は絶望の壁だ。しかし、他者のために生きる者は死を乗り越えることが出来る。
−マタイ16:24-25「私について来たい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、私に従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、私のために命を失う者は、それを得る」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2005年2月9日祈祷会(民数記26章、二回目の人口調査)
カテゴリートップ
民数記(完)
次
2005年2月23日祈祷会(民数記28章、献げ物の規程)