すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  民数記(完)  >  2005年1月19日祈祷会(民数記23章、バラムの預言)

1.バラムの最初の預言


・イスラエルを呪うために連れて来られた預言者バラムは、バモト・バアル(バアルの高い山)に上り、礼拝を始める。祭壇に雄牛と雄羊を捧げて、モアブ王バラクと共に自分たちの神バアルを拝んだ。
−民数記22:41−23:2「バラクはバラムを伴ってバモト・バアルに上った。そこからイスラエルの民の一端が見えた。バラムはバラクに言った『私のために、ここに七つの祭壇を築き、七頭の雄牛と雄羊を用意しなさい』。バラクは、バラムが言ったとおりにした。そしてバラクとバラムは、どの祭壇にも雄牛と雄羊をささげた」。
・この偶像礼拝の中に神が関与される。神はバラムに言うべき言葉を託された。
−民数記23:4-5「神がバラムに会われたので、彼は神に言った『私は七つの祭壇を築き、雄牛と雄羊をどの祭壇にもささげました』。主は、バラムの口に言葉を授け『バラクのもとに帰ってこう告げなさい』と命じられた」。
・その言葉は呪いではなく、祝福の言葉だった。神が呪われぬものを人は呪うことが出来ない。
-民数記23:7-8「バラムはこの託宣を述べた『バラクはアラムから、モアブの王は東の山々から私を連れて来た。来て、私のためにヤコブを呪え。来て、イスラエルを罵れ。神が呪いをかけぬものに、どうして私が呪いをかけられよう。主が罵らぬものを、どうして私が罵れよう』」。
・バラムが山の上から見たものは、神に聖別された民、その数を数えることが出来ないほどの民であった。
-民数記23:9-10「私は岩山の頂から彼らを見、丘の上から彼らを見渡す。見よ、これは独り離れて住む民、自分を諸国の民のうちに数えない。誰がヤコブの砂粒を数えられようか。誰がイスラエルの無数の民を数えられようか。私は正しい人が死ぬように死に、私の終わりは彼らと同じようでありたい」。
・呪いを期待したバラクは祝福を聞いて、驚く。バラムは答える「主が告げられたことを告げたのだ」と。
-民数記23:11-12「バラクはバラムに『あなたは、何ということをしたのですか。私は敵に呪いをかけるために、あなたを連れて来たのに、あなたは彼らを祝福してしまった』と言うと、バラムは答えた『主が私の口に授けること、私はそれだけを忠実に告げるのです』」。


2.バラムの二度目の預言

・バラクは再度バラムにイスラエルを呪うように命じ、別の場所に連れて行く。
-民数記23:13-14「バラクはバラムに言った『私と一緒に別の場所に行って、そこから彼らを見てください。・・・そこから私のために彼らに呪いをかけてください』。バラクはバラムをピスガの頂の見晴らしのきく所に連れて行き、そこに七つの祭壇を築き、どの祭壇にも雄牛と雄羊をささげた」。
・今度も同じであった。バラクは「主の祝福されたものを私は呪うことが出来ない」と預言する。
-民数記23:19-20「言われたことを、なされないことがあろうか。告げられたことを、成就されないことがあろうか。見よ、祝福の命令を私は受けた。神の祝福されたものを、私が取り消すことはできない」。
・バラムは、神が共におられる民の姿を見た。神の祝福は彼らの内にある。その時、人は何も出来ない。
-民数記23:21-24「だれもヤコブのうちに災いを認めず、イスラエルのうちに悩みを見る者はない。彼らの神、主が共にいまし、彼らのうちに王をたたえる声が響く。・・・見よ、この民は雌獅子のように身を起こし、雄獅子のように立ち上がる。獲物を食らい、殺したものの血を飲むまで、身を横たえることはない」。
・神は選ばれたものを祝福される。それは選ばれたものを通して、全ての人を救うためだ。
-使徒行伝3:25-26「あなたがたは預言者の子孫であり、神があなたがたの先祖と結ばれた契約の子です。『地上のすべての民族は、あなたから生まれる者によって祝福を受ける』と、神はアブラハムに言われました。それで、神は御自分の僕を立て、まず、あなたがたのもとに遣わしてくださったのです。それは、あなたがた一人一人を悪から離れさせ、その祝福にあずからせるためでした。」
・私たちは神から祝福を受けている。それは私たちを通して、まだ神を知らない者を祝福に導くためだ。
-マタイ10:12-13「その家に入ったら、『平和があるように』と挨拶しなさい。家の人々がそれを受けるにふさわしければ、あなたがたの願う平和は彼らに与えられる。もし、ふさわしくなければ、その平和はあなたがたに返ってくる」。
・故にパウロは言う「例えあなたがたを呪う者がいても、あなた方は彼を祝福しなさい」。
-ローマ12:14「あなた方を迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2005年1月12日祈祷会(民数記22章、バラムの迷い)
カテゴリートップ
民数記(完)
次
2005年1月26日祈祷会(民数記24章、神の戦い)