すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  民数記(完)  >  2004年11月17日祈祷会(民数記14章、民の反逆と40年の放浪)

1.民衆の落胆と不信仰(14:1‐12)


・イスラエルの民は、偵察隊の報告を聞いた後で恐れ、エジプトに帰ろうとまで言い始めた。エジプトでの、荒野での力あるしるしを見ても、目の前に困難があるとあわてる。人は神の導きを信じ切れない存在だ。
−民数記14:2-4「イスラエルの人々は一斉にモーセとアロンに対して不平を言い、共同体全体で彼らに言った。『エジプトの国で死ぬか、この荒れ野で死ぬ方がよほどましだった。どうして、主は我々をこの土地に連れて来て、剣で殺そうとされるのか。妻子は奪われてしまうだろう。エジプトに引き返した方がましだ』。そして、互いに言い合った。『さあ、一人の頭を立てて、エジプトへ帰ろう』。
・偵察隊の内、ヨシュアとカレブだけは「主が共にいます。恐れるな」と主張したが、民は聞かなかった。
−民数記14:6-10「ヌンの子ヨシュアとエフネの子カレブは、衣を引き裂き、イスラエルの人々の共同体全体に訴えた。『我々が偵察して来た土地は、とてもすばらしい土地だった。もし、我々が主の御心に適うなら、主は我々をあの土地に導き入れ、あの乳と蜜の流れる土地を与えてくださるであろう。・・・あなたたちは、そこの住民を恐れてはならない。・・・彼らを守るものは離れ去り、主が我々と共におられる。彼らを恐れてはならない』。しかし、共同体全体は、彼らを石で打ち殺せと言った」。
・私たちもこの民と同じである。癲癇の子の父親と同じく、私たちは最後まで信じ切ることが出来ないのだ。
−マルコ9:23-24「イエスは言われた。『できればと言うか。信じる者には何でもできる』。その子の父親はすぐに叫んだ。『信じます。信仰のない私をお助けください』」。


2.世代交代の必要性(14:13‐38)


・民は神を信じなかった。神は疫病によって一瞬にして民を滅ぼす可能性を示された。モーセは必死に取成す。祭司、指導者の最大の役割は民のために取成すことだ。そのためには自分が滅んでも良いとさえ覚悟して。
−民数記14:17-19「あなたはこう約束されました。『主は、忍耐強く、慈しみに満ち、罪と背きを赦す方。しかし、罰すべき者を罰せずにはおかれず、父祖の罪を子孫に・・・問われる方である』と。あなたの大きな慈しみのゆえに、また、エジプトからここに至るまで、この民を赦してこられたように、この民の罪を赦してください」
・主はモーセの故に思い直された。しかし、民は罪の報いを払わなければいけない。罪は許されても、それは購わなければいけない。そのために、民は40年間の荒野の放浪を命じられた。
−民数記14:20-25「あなたの言葉のゆえに、私は赦そう。・・・しかし、私の栄光、私がエジプトと荒れ野で行ったしるしを見ながら、十度も私を試み、私の声に聞き従わなかった者はだれ一人として、私が彼らの先祖に誓った土地を見ることはない。・・・今はアマレク人とカナン人とがあの平野に住んでいるから、向きを変え、明日、葦の海の道を通って、荒れ野に向けて出発しなさい。」
・モーセは伝える「あなたたちは罪を犯した。その代償を払うために、あなたたちは約束の地には入れない。新しい世代が約束の地に入る」。と。
−民数記14:29-33「『私に対して不平を言った者は・・・私が手を上げて誓い、あなたたちを住まわせると言った土地に入ることはない。・・・お前たちは死体となってこの荒れ野で倒れる。お前たちの子供は、荒れ野で四十年の間羊飼いとなり、お前たちの最後の一人が荒れ野で死体となるまで、お前たちの背信の罪を負う』」。

3.焦りと敗北(14:39‐45)

・動揺した民は、今度は「荒野に帰れ」との命に逆らって約束の地に入ろうとする。民は再度「神の言葉を聞かない」罪を犯した。
−民数記14:39-45「民は深く嘆いた。彼らは翌朝早く起き、山の頂を目指して上って行こうとして言った。『さあ、主が約束された所へ上って行こう。我々は誤っていた』。モーセは言った。『あなたたちは、どうして主の命令に背くのか。成功するはずはない。主があなたたちのうちにおられないのだから、上って行ってはいけない』。・・・彼らはかまわず、山の頂を目指して上って行った。主の契約の箱とモーセは宿営から離れなかった。 山地に住むアマレク人とカナン人は山を下って彼らを撃ち、ホルマまで来て彼らを破った」。
・主が共におられれば約束は果たされる、共におられなければ、失敗する。教会もそうだ。
−出エジプト記13:22 「昼は雲の柱が、夜は火の柱が、民の先頭を離れることはなかった」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2004年11月10日祈祷会(民数記13章、約束の地の偵察)
カテゴリートップ
民数記(完)
次
2004年11月24日祈祷会(民数記15章、希望のささやき)