すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  民数記(完)  >  2004年9月29日祈祷会(民数記8章、聖別と奉仕)

1.レビ人の聖別


・幕屋の完成・聖別の後、その幕屋に奉仕するレビ人の聖別が行われた。最初は体の清めである。
―民数記8:6-7「イスラエルの人々の中からレビ人を取って、彼らを清めなさい。彼らを清めるにはこうする。彼らに罪の清めの水を振りかけ、体全体の毛をそらせ、衣服を水洗いさせると、彼らは清められる。」
・体を洗い、毛をそり、衣服を洗う。これは、らい病等で体が汚れた人が回復したときの清めと同じ方法である。
―レビ記14:8「清めの儀式を受けた者は、衣服を水洗いし、体の毛を全部そって身を洗うと、清くなる。この後、彼は宿営に戻ることができる。」
・レビ人の清めは「祭儀的な清め」であり、祭司の聖別とは区別されている。祭司は油を塗られ、清めの血を振り掛けられる。祭司とレビ人はその役割を異にする。
―レビ8:30 「モーセは聖別の油と祭壇の上にある血を取って、まずアロンとその子らに、次いで彼らの祭服に振りまいて、アロンとその祭服、彼と共にいるその子らとその祭服を聖別した。」
・レビ人の聖別の第二は、幕屋の前で、レビ人を按手し、彼らをイスラエルの奉納物として差し出すことである。
―民数記8:10-11「レビ人を主の御前に進ませ、イスラエルの人々はレビ人の上に手を置く。次に、アロンはイスラエルの人々の奉納物として、レビ人を主の御前に差し出して主に仕える者とする。」
・レビ人は民を代表して、その身代わりとして捧げられ、神殿奉仕に当たるものとされた。
―民数記8:13-15「あなたは、レビ人をアロンとその子らの前に立たせ、彼らを奉納物として主に差し出し、レビ人をイスラエルの人々から区別すると、レビ人は私のものとなる。その後初めて、レビ人は臨在の幕屋に入って、作業に従事する。あなたは彼らを清め、奉納物としなさい。」


2.レビ人と祭司の役割の違い

・レビ人は民の中から聖別され、神に仕えるものとされる。
―民数記8:16-19「彼らはイスラエルの人々の中から私に属する者とされている。彼らは、イスラエルの人々のうちで初めに胎を開くすべての者、すなわちすべての長子の身代わりとして、私が受け取った者である。・・・ 私はこのレビ人をイスラエルの人々の中から、アロンとその子らに属する者とした。それは、レビ人が臨在の幕屋でイスラエルの人々のために作業に従事し、彼らのために贖いの儀式を行い、イスラエルの人々が聖所に近づいても、災いが彼らにふりかからないためである。」
・レビ人は信徒としての献身である。今日で言えば教会の執事がレビ人に相当するのではないか。
―ローマ12:1-2「兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。あなたがたはこの世に倣ってはなりません。むしろ、心を新たにして自分を変えていただき、何が神の御心であるか、何が善いことで、神に喜ばれ、また完全なことであるかをわきまえるようになりなさい。」
・パウロの伝道を助けたプリスカとアキラは祭司ではなかったが、信徒として伝道の業を行った。
―使徒行伝18:1-26「(コリントでパウロは)アキラというユダヤ人とその妻プリスキラに出会った。・・・パウロはこの二人を訪ね、職業が同じであったので、彼らの家に住み込んで、一緒に仕事をした。その職業はテント造りであった。・・・アレクサンドリア生まれのユダヤ人で、聖書に詳しいアポロという雄弁家が、エフェソに来た。・・・プリスキラとアキラは、彼を招いて、もっと正確に神の道を説明した。」
・共同体は多くの異なった働きを必要とする。ある者は牧師として、別の者は執事として働く。それぞれの働きが必要である。祭司とレビ人、あるいは牧師と執事の違いは役割の違いであり、身分の違いではない。
―ローマ12:6-8「私たちは、与えられた恵みによって、それぞれ異なった賜物を持っていますから、預言の賜物を受けていれば、信仰に応じて預言し、奉仕の賜物を受けていれば、奉仕に専念しなさい。また、教える人は教えに、勧める人は勧めに精を出しなさい。施しをする人は惜しまず施し、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は快く行いなさい。」
・重要なことは、何をするかではなく、何のために行うかである。真の教会とそうでないものの違いは「神の栄光を求めるか」、あるいは「自分の栄光を求めるか」により区別される。
―ヨハネ8:54「私が自分自身のために栄光を求めようとしているのであれば、私の栄光はむなしい。私に栄光を与えてくださるのは私の父である」
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2004年9月22日祈祷会(民数記7章、礼拝の備え)
カテゴリートップ
民数記(完)
次
2004年10月6日祈祷会(民数記9章、導きに従う)