すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  民数記(完)  >  2004年8月25日祈祷会(民数記3章、レビ人の役割)
1.アロンの子らとレビ人の働き(3:1‐13)

・モーセの兄アロンの子孫が祭司の務めを担う立場に置かれる。アロンには4人の子がおり、当初,すべてに祭司的な働きがゆだねられた。しかし、長男ナダブと次男アビフは罪を犯したため除かれる。祭司の家系であっても、神の命に背き、自分の欲するままに振舞う者は除かれるという厳しさを持つ。
−民数記3:2-4 「アロンの子らの名はナダブを頭にアビフ、エルアザル、イタマルである。これらがアロンの子らの名であって、彼らは油を注がれて祭司職に任ぜられた。ナダブとアビフはシナイの荒れ野にいたとき、規定に反した炭火を主の御前にささげて死を招いた・・・エルアザルとイタマルは父アロンと共に祭司の務めをした。」
・レビ人は、祭司を補佐するように命じられる。共同体のために仕えることが彼らの役割であった。
−民数記3:6-7「レビ族を前に進ませ、祭司アロンの前に立たせ、彼に仕えさせなさい。彼らはアロンと共同体のために臨在の幕屋を警護し、幕屋の仕事をする。」
・古代では、全ての初子は神に捧げられた(=命をとられた)。出エジプトはエジプトの初子の死と言う購いを通して為されている。救済は購いなしには出来ないのだ。
−民数記3:13「すべての初子は私のものだからである。エジプトの国ですべての初子を打ったとき、私はイスラエルの初子を人間から家畜に至るまでことごとく聖別して、私のものとした。私は主である。」
・初子を捧げることによって、全ては神のものであり、人は神から賜物をいただいて生きる存在に過ぎないことを知るためであった。
−レビ記25:23「土地は私のものであり、あなたたちは私の土地に寄留し、滞在する者にすぎない。」
・イスラエルはレビ人が初子となって捧げられることにより、初子を捧げることが免除された。レビ人は12部族の一つであったが、聖別され、共同体全体のために仕えるものとされた。
−民数記3:12「見よ、私はイスラエルの人々の中からレビ人を取って、イスラエルの人々のうちで初めに胎を開くすべての初子の身代わりとする。レビ人は私のものである。」


2.レビ人の人口調査(3:14‐51)


・レビ人は土地を持たず、兵役にもつかない。私たちキリスト者もこの世でレビ人として生きる。私たちも、土地を持たず、世の支配者にはならない。聖別されて生きるとはそういうことだ。
−マタイ20:25-27「あなたがたも知っているように、異邦人の間では支配者たちが民を支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい。」
・レビ人は生まれてすぐに聖別される。故にレビ人の人口調査は生後1ヶ月以上の全ての男子になる。
−民数記3:14-15「主はシナイの荒れ野でモーセに仰せになった。レビの子らを家系に従って、氏族ごとに登録し、生後一か月以上のすべての男子を登録しなさい。」
・レビ人の総数は2万2000人となった。他方、生後1か月以上のイスラエルの長子の数は2万2273人であり、レビ人のほうが273人少なかった。不足は購いとして買い取られる。
−民数記 3:46-48「イスラエルの人々の長子の数は、レビ人の数を二百七十三人超過している。この人数分の贖い金が必要である。一人当たり五シェケル・・・をおのおのから徴収し、その銀を、超過している人数分の贖い金としてアロンとその子らに与えなさい。」
・罪からの救いは、購いを通して為される。私たちもキリストの十字架と言う代価を払って購いとられた者だ。だから、自分を大事にしなさい、自分の体を汚すなと言われる。
−汽灰螢鵐6:16-20「娼婦と交わる者はその女と一つの体となる、ということを知らないのですか。「二人は一体となる」と言われています。しかし、主に結び付く者は主と一つの霊となるのです。みだらな行いを避けなさい。人が犯す罪はすべて体の外にあります。しかし、みだらな行いをする者は、自分の体に対して罪を犯しているのです。知らないのですか。あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたがたはもはや自分自身のものではないのです。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい。」
・イエスの与える赦しは彼の血を通して与えられる。この赦しを経たものは、以前の生に戻ることは出来ない。
−汽茱魯3:16「イエスは、私たちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、私たちは愛を知りました。だから、私たちも兄弟のために命を捨てるべきです。」
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2004年8月18日祈祷会(民数記2章、宿営の配置)
カテゴリートップ
民数記(完)
次
2004年9月1日祈祷会(民数記4章、レビ人の人口調査)