すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  レビ記(完)  >  2004年6月2日祈祷会(レビ記18章、いとうべき性関係の禁止)
1.近親婚の禁止


・イスラエルの近隣諸国では、近親相姦や乱婚も当たり前であった。しかし、イスラエルの民はそうしてはいけないと言われる。何故ならば、イスラエルの民は『私の民』だからと言われる。
−レビ記18:2-4「イスラエルの人々に告げてこう言いなさい。私はあなたたちの神、主である。あなたたちがかつて住んでいたエジプトの国の風習や、私がこれからあなたたちを連れて行くカナンの風習に従ってはならない。その掟に従って歩んではならない。私の法を行い、私の掟を守り、それに従って歩みなさい。」
・健全な結婚生活は、健全な社会生活の基盤である。近親婚は衛生的に、また社会的に不健全ゆえに禁止される。
−レビ記18:6「肉親の女性に近づいてこれを犯してはならない。私は主である。」
・「母を犯し、父を辱めてはならない」の原文は、「あなたの父の裸と、あなたの母の裸をあらわにしてはいけない」。性は男女に与えられた祝福であり、それを通して生命が継承される。それを汚すなと言われる。
−創世記1:27-28「神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された。
神は彼らを祝福して言われた。『産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせよ』」。
−創世記2:24「こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。」
・旧約聖書は、この性が欲望によって乱れた歴史であったことを示す。ロトの二人の娘は父により子を得た。
−創世記19:30-38「ロトはツォアルを出て、二人の娘と山の中に住んだ。・・・彼は洞穴に二人の娘と住んだ。
姉は妹に言った。『父も年老いてきました。この辺りには、世のしきたりに従って、私たちのところへ来てくれる男の人はいません。さあ、父にぶどう酒を飲ませ、床を共にし、父から子種を受けましょう。』・・・このようにして、ロトの二人の娘は父の子を身ごもり、やがて、姉は男の子を産み、・・・妹もまた男の子を産んだ」
・妻の姉妹を娶ってはいけないと言われる(18:18)。ヤコブが経験したことは、レアとラケルの姉妹を妻に迎えたことによる家庭の混乱だった。
創世記30:1-15「ラケルは、ヤコブとの間に子供ができないことが分かると、姉をねたむようになり、ヤコブに向かって、『私にもぜひ子供を与えてください。与えてくださらなければ、私は死にます』と言った。・・・ルベンは野原で恋なすびを見つけ、母レアのところへ持って来た。ラケルがレアに、『あなたの子供が取って来た恋なすびを私に分けてください』と言うと、レアは言った。『あなたは、私の夫を取っただけでは気が済まず、私の息子の恋なすびまで取ろうとするのですか。』」


2.淫行の禁止

・人の妻と寝ること、同性と寝ることは禁止される。不倫や同性愛は、今日でも深刻な問題である。ソドムが滅んだのも、この同性愛の罪のためだといわれる。
−創世記19:4-5「彼らがまだ床に就かないうちに、ソドムの町の男たちが、若者も年寄りもこぞって押しかけ、家を取り囲んで、わめきたてた。『今夜、お前のところへ来た連中はどこにいる。ここへ連れて来い。なぶりものにしてやるから。』」
・ダビデの晩年が乱れたのは、彼の犯した姦淫の罪のためであった。
−競汽12:7-10「あなたに油を注いでイスラエルの王としたのは私である。私があなたをサウルの手から救い出し、 あなたの主君であった者の家をあなたに与え、その妻たちをあなたのふところに置き、イスラエルとユダの家をあなたに与えたのだ。不足なら、何であれ加えたであろう。なぜ主の言葉を侮り、私の意に背くことをしたのか。あなたはヘト人ウリヤを剣にかけ、その妻を奪って自分の妻とした。ウリヤをアンモン人の剣で殺したのはあなただ。それゆえ、剣はとこしえにあなたの家から去らないであろう。」
・イスラエルがカナンの地を与えられたのは彼らが正しい故でなく、カナンの民が罪を犯して地を汚したからだ。
−レビ記18:24-25「あなたたちは以上のいかなる性行為によっても、身を汚してはならない。これらはすべて、あなたたちの前から私が追放しようとしている国々が行って、身を汚していることである。これらの行為によってこの土地は汚され、私はこの地をその罪のゆえに罰し、この地はそこに住む者を吐き出したのである。」
・しかし、あなたが同じ罪を犯せば、あなたもまた追放される。後のイスラエルは、そのために70年間の捕囚を経験しなければならなかった。
−申命記28:47-48「あなたが、すべてに豊かでありながら、心からの喜びと幸せに溢れてあなたの神、主に仕えないので、あなたは主の差し向けられる敵に仕え、飢えと渇きに悩まされ、裸にされて、すべてに事欠くようになる。敵はあなたに鉄の首枷をはめ、ついに滅びに至らせる。」
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2004年5月26日祈祷会(レビ記17章、神聖法典)
カテゴリートップ
レビ記(完)
次
2004年6月9日祈祷会(レビ記19章、神を愛し、隣人を愛せ)