すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

トップ  >  サムエル記上  >  2018年9月27日祈祷会(サムエル記上9-10章、サウル王の選び)


1.青年サウルへの油注ぎ

・民は外敵に対抗するために王を求め、サムエルは王となるべき人に油を注ぐため、自分の故郷ラマに帰っていった。王になるべく選ばれたのは、弱小民族ベニヤミン族のサウルだった。イスラエルの最初の王になったのはダビデではなく、サウルだった。彼は容姿が美しく、体も大きい屈強の若者だった。
−サムエル記上9:1-2「ベニヤミン族に一人の男がいた。名をキシュといい、家系をさかのぼると、アビエル、ツェロル、ベコラト、ベニヤミン人のアフィアに至り、勇敢な男であった。彼には名をサウルという息子があった。美しい若者で、彼の美しさに及ぶ者はイスラエルには誰もいなかった。民の誰よりも肩から上の分だけ背が高かった」。
・サウロは不思議な形で預言者サムエルと出会う。そのことの中にサムエル記著者は神の摂理を見ている。具体的には、サウルの家のろばが行方不明になり、サウルと召使はろばを追って、預言者サムエルの住むユダのラマまで導かれた。
−サムエル記上9:4「彼はエフライムの山地を越え、シャリシャの地を過ぎて行ったが、ろばを見つけ出せず、シャアリムの地を越えてもそこにはおらず、ベニヤミンの地を越えても見つけ出せなかった。」
・ラマには預言者サムエルがいた。二人はろばの行方を尋ねるために預言者を訪ねていった。当時の預言者は「先見者」と呼ばれ、将来を見通す力が与えられていると考えられていた。
−サムエル記上9:9-10「昔、イスラエルでは神託を求めに行く時、先見者のところへ行くと言った。今日の預言者を昔は先見者と呼んでいた。サウルは若者に言った『それはいい。さあ行こう』。彼らは神の人がいる町に向かった」。
・他方、預言者サムエルは、王となるべき人物が訪ねてくるとの啓示を受けていた。
−サムエル記上9:15-17「サウルが来る前日、主はサムエルの耳にこう告げておかれた『明日の今ごろ、私は一人の男をベニヤミンの地からあなたのもとに遣わす。あなたは彼に油を注ぎ、私の民イスラエルの指導者とせよ。この男が私の民をペリシテ人の手から救う。民の叫び声は私に届いたので、私は民を顧みる』。サムエルがサウルに会うと、主は彼に告げられた『私があなたに言ったのはこの男のことだ。この男が私の民を支配する』」。
・サウルはベニヤミン族の出身だった。12部族の中で最も小さな部族から王が選ばれる。サウロにとっても予想外の展開だった。
−サムエル記上9:20-21「(サムエルは言った)『全イスラエルの期待は誰にかかっているとお思いですか。あなたにです。そして、あなたの父の全家にです』。サウルは答えて言った。『私はイスラエルで最も小さな部族ベニヤミンの者ですし、そのベニヤミンでも最小の一族の者です。どんな理由で私にそのようなことを言われるのですか』」。

2.神の選びと導き

・サムエルはサウルの頭に油を注いだ。油を注ぐ=マーシャ、油注がれた者=メシア。サウルは神に選ばれ、油を注がれて王に任命された。ペリシテからイスラエルを解放するには、サウルのように武力に優れた者が必要だった。
−サムエル記上10:1「サムエルは油の壺を取り、サウルの頭に油を注ぎ、彼に口づけして、言った。『主があなたに油を注ぎ、御自分の嗣業の民の指導者とされたのです』」。
・油注がれたサウルに主の霊が下る。聖霊を受けて、彼は新しい人とされた。
−サムエル記上10:9-10「サウルがサムエルと別れて帰途についたとき、神はサウルの心を新たにされた。以上のしるしはすべてその日に起こった。ギブアに入ると、預言者の一団が彼を迎え、神の霊が彼に激しく降り、サウルは彼らのただ中で預言する状態になった」。
・預言する=ナービー、英語navigate(舵を取る、導く)の語源になっている。彼はミツパで民の承認を得て、王になる。
−サムエル記上10:23-24「サウルが民の真ん中に立つと、民のだれよりも肩から上の分だけ背が高かった。サムエルは民全体に言った『見るがいい、主が選ばれたこの人を。民のうちで彼に及ぶ者はいない。』民は全員、喜び叫んで言った『王様万歳』」。
・サウルは自分が王に選ばれるとは予想もせず、また自信もなかった。彼はおじに会った時に「油を注がれた」ことを話していないし、民の一部が「こんな男に我々が救えるか」と嘲笑した時も何も言わなかった。神は「自分はその資格がない」と思う者を選ばれる。
−サムエル記上10:25-27「サムエルは民に王の権能について話し、それを書に記して主の御前に納めた。それから、サムエルはすべての民をそれぞれの家に帰した。サウルもギブアの自分の家に向かった。神に心を動かされた勇士たちは、サウルに従った。しかしならず者は、『こんな男に我々が救えるか』と言い合って彼を侮り、贈り物を持って行かなかった。だがサウルは何も言わなかった」。

3.サムエル記上9−10章の黙想

・最初の王として立てられたのは無名の若者サウルであった。彼は政治的経験や軍事的経歴もなく、さらに弱小民族のベニヤミン族に属していた。ここに神の選びの基準がある。
−申命記7:6-8「主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた。主が心引かれてあなたたちを選ばれたのは、あなたたちが他のどの民よりも数が多かったからではない。あなたたちは他のどの民よりも貧弱であった。ただ、あなたに対する主の愛のゆえに・・・主は力ある御手をもってあなたたちを導き出し、エジプトの王、ファラオが支配する奴隷の家から救い出されたのである」。
・イスラエルの王は神の代理人として選ばれる。後の申命記は王の条件を列記する。
−申命記17:14-20「あなたが、あなたの神、主の与えられる土地に入って、それを得て、そこに住むようになり、『周囲のすべての国々と同様、私を治める王を立てよう』と言うならば、必ず、あなたの神、主が選ばれる者を王としなさい。同胞の中からあなたを治める王を立て、同胞でない外国人をあなたの上に立てることはできない。王は馬を増やしてはならない・・・王は大勢の妻をめとって、心を迷わしてはならない。銀や金を大量に蓄えてはならない。彼が王位についたならば・・・この律法の写しを作り、それを自分の傍らに置き、生きている限り読み返し、神なる主を畏れることを学び、この律法のすべての言葉とこれらの掟を忠実に守らねばならない。そうすれば王は同胞を見下して高ぶることなく、この戒めから右にも左にもそれることなく、王もその子らもイスラエルの中で王位を長く保つことができる」。
・王になったサウルはペリシテ軍を抑え、国は軍事的に安定する。その後、サウルは主を忘れ、選びは彼から去る。サウロはその能力の故に選ばれたのではなく、「神がサウロの心を新しくされた」(10:9)ことによって王となった。自分を選び、自分に油を注ぎ、新しい心を与えて下さった神にのみ目を注ぐ時、彼は王であったが、戦いに勝ち勝利に酔いしれると、立てて下さった神を忘れる。その時に彼の召命は切れた。
―サムエル記上15:22-23「主が喜ばれるのは、焼き尽くす献げ物や生贄であろうか。むしろ、主の御声に聞き従うことではないか・・・主の御言葉を退けたあなたは王位から退けられる」
・選ばれた者も罪を犯す。その時、悔い改めて神の前にひざをかがめる者だけが選ばれ続ける。
―サムエル記下12:13-14「ダビデはナタンに言った『私は主に罪を犯した』。ナタンはダビデに言った『その主があなたの罪を取り除かれる。あなたは死の罰を免れる。しかし、このようなことをして主を甚だしく軽んじたのだから、生まれてくるあなたの子は必ず死ぬ』」。
プリンタ用画面
友達に伝える
前
2018年9月20祈祷会(サムエル記上7-8章、王を求めるイスラエルの民)
カテゴリートップ
サムエル記上
次
2018年10月4日祈祷会(サムエル記上11-12章、サウルの即位と権限の委譲)