すべて重荷を負うて苦労している者は、私のもとに来なさい。

ようこそ篠崎キリスト教会のホームページへ

今週の招詞(2008年11月9日説教から)

2008-11-9
「イエスは答えて言われた『この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる』。それでユダヤ人たちは『この神殿は建てるのに四十六年もかかったのに、あなたは三日で建て直すのか』と言った。イエスの言われる神殿とは、御自分の体のことだったのである」(ヨハネ2:19−21) 

イエスがエルサレムに入られたのは、過越祭りの時でした。神殿には牛や羊の鳴き声がこだまし、両替の客と商人のやり取りの声が祈りの声を掻き消していました。イエスはこの有様を見て、怒りを発せられ、羊や牛を境内から追い出し、両替人の台を倒されました。神殿は祈りの場所であるのに、人々はそこを取引の場所にしていました。イエスの父なる神に対する熱心がこの過激な行為を招いたのです。

神殿祭司たちは、イエスに何故こんなことをするのかと迫り、それに対してイエスが言われたのが「この神殿を壊してみよ。三日で建て直してみせる」です。「あなた方は人の手で作った神殿に神が住まわれるとして、犠牲を捧げ、献金されたお金で神殿を豪華に飾る。しかし、あなた方の体こそ神が住まわれる神殿なのだ。私はそれをあなた方に示す」。

このイエスの言葉は十字架での死と三日目の復活により成就します。イエスの犠牲により、私たちはもう神殿を必要としなくなったとヨハネは宣言しています。私たちは神殿に代わるものとして教会堂が与えられました。しかし、教会は建物ではないことを認識する必要があります。私たちの身体こそ神が住まわれる宮、神殿なのです。

説教

新着一覧

証などのビデオ


2018-04-01聖歌隊讃美

再生数:39 コメント0


20180331 ライジングゴスペルクワ...

再生数:52 コメント0
受難日礼拝 永遠にあなたと


2018.03.31 ライジングゴスペル...

再生数:48 コメント0
柔軟日礼拝Because Of Who You Are ...


2018.02.11聖歌隊讃美

再生数:99 コメント0
誰かのために


 
▶証などのビデオ新着一覧 はこちらから